グループケア
■ MCG (母と子の関係を考える会)
■ MCG体験(子育てひとやすみ)
■ ほっとホットサロン
(虐待に関わる援助者のためのグループ)
    

MCG体験 子育てひとやすみ


ほんのひととき、思いきってお母さん役をひとやすみしませんか?
メンバーは初めての方ばかりです。お子さんはお預かりします。
MCG「子育てひとやすみ」にはその場を安心で安全な場所にするためのルールがふたつあります。
〇話は外に持ち出さない
〇批判批評はしない
これだけです。
もちろん無理にお話することはありません。MCG「子育てひとやすみ」は友達をつくる場ではありません。
知識や考え方を学ぶ場でもありません。 
でも、自分が心の奥にしまい込んでいるものをしずかに見つめることができる場にはなるかもしれないと思います。あたたかい気持ちが溢れる場です。
どうぞ、ご参加ください。お待ちしています。   


≪MCGとは≫育児不安や虐待などの悩みを抱えた子育て中の母親たちのグループで、気持ちや
体験を語る場です。CCAP 相談員がファシリテーターとして参加し進行やサポートにあたります。

2018年度 開催予定



第1回
11月17日(土)10:30 〜12:30
第2回
3月5日(火)10:30 〜12:30

 

【対 象】  現在子育て中のおかあさん

【参加費】 無料

【保 育】 若干名 (要申込み)

【会 場】  社会福祉法人 子どもの虐待防止センター

【お申込み方法】※MCG体験子育てひとやすみのご案内(PDF)
 子どもの虐待防止センター事務局まで
  お電話(03-5300-2451)またはFAX(03-5300-2452)にてお申込みください。
  ※お申込み時に、氏名、電話番号、保育の有無、お子さんの年齢をお知らせください
   

 

お母さんへの手紙 (子どもの虐待防止センター理事 広岡智子)

「わたしは母親失格」と子どもに背を向けているお母さんがいたら、そこにはきっと理由があります。
それもたしかな理由です。
「相談してもしようがない」と、あなたがあきらめてるとしたら、それは支援者の側の問題かもしれません。
「子どもは悪くないのよ」と、あなたに変わることを期待し、急がせたかもしれません。
たしかに子どもたちだって十分悪いですよね。
傲慢で、自己中心的で、わがままな子どもたちです。
あなたが怒りやジェラシーを感じたとしても、おかしくはありません。
このもやもやした感情は人を選ばないものですが、
困ったことに自分以外の母親はみんなしあわせにみえます。
だからあなたに届けたい言葉があります。

 話して聞いて、聴いて語って……

MCGであなたと仲間が紡ぎだす言葉たちです。
あなたに寄り添い、子どもたちを守る言葉です。
心が少しだけ楽になります。
待っています。

 

申込・問い合わせは

社会福祉法人 子どもの虐待防止センター事務局

FAX 03−5300−2452 / TEL 03−5300−2451

▼ HOME 

©CCAP. All Rights Reserved.